2005年01月30日

カミング・アウト

シンアスキラ同盟、または裏にお越しの方は既に知っていたかとは思いますが、本日正式にアス受け別館の告知を、表TOPにていたしました。

こう、うじうじとなかなか勇気が出なくて堂々告知はできずじまいだったのですが、ようやっと腹を決めました(入り口では萌え趣向しっかり宣言してるのに往生際悪いです・苦笑) あぁでも、アス受け館の方ではなんだか正式に堂々と告知はできない雰囲気があるので、しばらくこのまま……。うーん、なんだろう、やっぱりあっちはアス受け一筋な人が多い感じがして(^^; 感触的に、こっちでの方が理解して下さる方が多いような気がするんだよね。

いや、もしかしたらそう変わらないのかもしれないけれど、こう私の信念が(笑)アス受をするにしても何にしても、アスキラにあるからかもしれません。だから本館では堂々と宣言してみようかと思う気持ちになるのですが、アス受館の方はやはりどこかで「付属」と思っているところがあって、本命で(大体は)アス受け求めてきている人たちにはっきりと「本命はアス攻めだ」とは、やっぱりどこか言いづらい。匂わせてはいますが、申し訳程度に。思い切り腰を低くして(^^;

でも結局は全部、サイト運営してきてる長さにまとまるのかなぁ。向こうは開設してまだ数ヶ月しかたってなくて、どんなお客さんが来てるのか雰囲気がつかめてない。こっちでは、もちろん新しく来てくださってる方もいらっしゃると思うけれど、何かあったら泣きつける(笑)知り合いが両手使えるくらいは(ぁ)いる。それが安心できるのかな。

何より、1年越してサイトを運営していますが、困った目にあったことはほとんどと言っていいほどありません。ありがたいことです。いいお客様に恵まれたなあと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします n(_ _)n

そして、今日は久しぶりに、思いっきり激しく久しぶりに、1万打企画のラブラブ幼年シリーズのその2をアップいたしました。うわぁぁぁああ、これ、その1書いたのっていつだよ、覚えてないよ、もう(爆) 書けていない間も話だけは頭の中で勝手に進んで変化していっていたので、ちょうどアス受館絡みの方が一つ終わったのを機に、がーーーっと書いて更新。このシリーズは、気を張りつめずにテンポよく書けるので、おかげさまで久しぶりだったのにもかかわらず、早く仕上がりました。

いやぁ、やっぱりアスキラはいいねぇ……(しみじみ)
でも、運命のキラがしっかりしてきたせいか、あのキラなら、アスキラが先にあるリバならいいかもしれないとか、某所のアスキラアス裏を読んでうっかり思ってしまったことは内緒です。しかし、これってもしや、私のアス受許容範囲が広がりかけているってことかい?(汗)自分でもちょっとびっくりしています。種1の頃同じもの読んでも、違和感ばりばりだったと思うのに。あいやー……。
けど、読ませて頂いたアスキラアスがまさにこれだ!と思うものだったので、それ以上のアスキラアスはきっと私には書けません。ってーか、もう増やさなくていいから、私……。


そんなわけでここ数日、アスキラアスの他にも、シンアスシンとかシンキラシンとか、(アス+キラ)×シンとか(ここまでくるとほんともう数式だな…)萌えが入り乱れております。
あぁ、それもこれも、キラ、君のせいだ。どうにかしてくれ(苦笑)
posted by 瑛未 at 10:26| Comment(0) | 今日の更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。