2005年03月15日

第21話

端から端まで It's full of 萌え・・!!!

21話は、この一言につきますでしょうか。
これで充分のような気もしますが、それもあんまりなので(苦笑)、恒例、ネタばれOKの方だけ、下記リンククリック☆


ああ、これだから私はアスランが好きです。
かっこいい癖に、やっぱりへたれ
種1、女の扱いが下手な、女心が読めないキャラ。
戦闘とか余計に強かったりするから、無駄ににぶちんさが強調されすぎ(笑)
そんなアスランが、好きです、私は。

OP前からお腹一杯ですよ、もう。
ミーアのおかげで、アスランの今までの驚きリアクションを凌駕したものが拝見できました。
もう、そんなに驚かないでベッドから落ちないで下さい(苦笑)
そんなに顔、崩さないで下さい(苦笑)
アスランの色んな表情が見れて、私は嬉しいけども☆

ほんとに、思い切り笑わせていただきました・・・!!
いや、何度見ても笑えます。
もうーーー!! この人は!!

こんな反応じゃあ、カガリとすらやってないような気がする、大マジに。
私がアスキラーだということを抜きにしても。
ここまで驚いて、取り乱すこたあないでしょう(苦笑)

しっかし、赤服エースなのに、寝てる間にミーアに隣りに忍び込まれて、何故に気づかなかったんだろう? ああ、それで驚いてたのかな? ・・・やっぱりミーアってくノ一?(違
あ、いや、でも物凄い反応を見せたのは、誰かが隣りにいる事実に気づいた時じゃなく、ミーアが塊の下から出てきた後だし・・・。でも、議長が出てくるよりはいいと思う(笑)

そんなところに、正当に朝食のお誘いに来たルナマリア。
めちゃめちゃタイミングよすぎだし・・・!!!
慌てて下着のまま出そうになるアスラン、が、ふと気づいて、慌ててズボンをはくアスラン。
ルナが「隊長?」と聞いてもただ、「あ、ああ・・!!」
そんなんじゃ、めちゃ怪しいから、アスラン・・・!!
普通に、まだ着替えてる途中だ、とかなんとか言えばいいでしょうに。
戦闘中の頭の切れの良さは一体どこへやら。
やはり、人付き合いは苦手なようです(苦笑)

が、そんなことをしている間に、ミーア、アスランのそんな態度にむっ。
ネグリジェまんまで、ドアを開けちゃいます。
女性の立場から見たってセクシーネグリジェ。
ルナマリア、一瞬、ぽかーん。何も言い返せず、追い返されちゃいました。
うーん、後ろでまさに「へたれ」な顔してるアスランが笑いを誘います。
浮気現場を取り押さえられた男の顔です。
何しろアスランはだてに経験が少ないもんだから・・・というか、根がマジメな子だから、こういう時にどう対処していいのか分からない。

そこがいいんだよ、アスラン・・・!

しかし、さすがに我慢の緒が切れたのか、ルナマリアが出て行った後には、ミーアに説教(笑
ミーアちゃんとしては、普通に「婚約者ならこうするだろう」と思ってのことだったようですが、実際ラクスとは「ほっぺにちゅ」までしか行っていないアスランさん。というか、途中でラクスをキラに取られたアスランさん(苦笑)
「ラクスはこんなことしない!」
確かにしないな。ラクスはもうちょっと清純な、天然っ子だ(まあある意味ミーアも天然?)
でも内心アスラン、痛かったんでないかね、古傷が(苦笑)
「へ? しないの? なんで?」と純粋に不思議そうに聞き返したミーアちゃんに、「あーどうせ俺はこっちの才能はないんだよ! キラに取られたんだよ!」とか思ってそうです(笑)

でもこの朝の部分は、完璧「ミーア」でしたよね、声も。
誰かがいる前では一応「ラクス」になってたけど、朝はぶりっこちょっと入ってた(笑)

何にしろ、ミーア、GJ!!!!!
ぶりっこだろうが、何だろうが、途中で黒くなる可能性もあろうが、私は好きだ。
アスランの色んな表情を引き出してくれるから☆

いやあ、でもルナマリア、ほんとご機嫌ななめ!
もちろん、ミーアに嫉妬、というのも(多いに)あったでしょうが、多分一番きっつーく来たのは、「ザラ隊長はそんなことする人じゃないだろう」と思ってたことにないでしょうか。
アスランとカガリがおそらく出来てるだろう、というのはルナは感づいているはずです。
カガリの婚約話にあの反応、すぐ側で見てたのはルナです。
もちろん、自分だってアプローチはかけているけど、まさかあの「マジメで、クールで、かっこよくて、紳士で、女にはめっきりうとそうな(しかも自分には予防線を張ったような)」アスランが、こういうことで本当に二股かけてるとは・・・ねぇ。
かなりショックだったと思います(苦笑)
あそこまでルナマリアがぷんぷんだったのは、アスカガのことを多少なりとも知っているから、というのもあったように思えます。

弁解しようとするアスランも見ものでした(笑)
全然弁解できてません。
ミーアはラクスじゃないとは言い切れないだけに、あやふやにしか言えなくて、少しアスランが哀れにも思えたけど、こう楽しくアスランで遊んでいられるのはきっと今のうち。
存分に楽しませていただきましたvv


そして、後半、シンステ・・・!!!!
運命公式ノーマルカプの中で、とっても萌え萌え中なシンステv
やっと、やっときたですーーーーー!!!
ステラ可愛い、シンも可愛い・・・!!
前半でアスラン女難昼メロ(笑)を見せられていただけに、シンステの恋の始まりには、とっても、とっても癒されました・・・!
二人ともとっても純で、とにかく可愛いからーーーー!!!!
ほんとに、シン、ステラを守ったれ・・・!
あああ、敵として会うかもしれない時が、今から恐ろしいです。

しかし、言葉のまんま「裸の付き合い」でしたね。
ずっと「妹命!」だった16歳のうぶうぶなシンには、ちょっと刺激が強すぎでした☆
ステラが裸だということを恥ずかしがらないだけに、余計だったでしょう。
真っ赤になるシン、萌え・・・!!
これでこそ、正しい青少年の反応(笑)
ベッドから転げ落ちるアスランさんとは、大違いです(苦笑)

さて、ここはまあ、もう少しマジメに語りませう。
多分今まで、ステラに「守る」って言ってくれた人、いないのではないかなあと、思います(あれ、ネオは言ってたか? だから思い出した?)
ずっと、戦うことだけを強いられてきて(まあ時には自分も戦いたくて・「お留守番」)、誰も自分を守るとは言ってくれていなかった。戦い、勝つことだけを求められるステラには、守られる、ということは不必要。
特に、ブロックワードに取り乱した直後のステラに、包み込むように「大丈夫、守るから」と繰り返し言ってくれた人はいないのかもしれません。怪我したところを、丁寧に優しくハンカチで巻いてもらったり(ありきたりだけどさー・苦笑)
こんなにも自分を気遣ってくれる人がいること。大切にされること。

しかし、「自分が死ぬのは嫌」、「誰かが死ぬのは嫌」な本当のステラ。どんな過去があって、今地球軍にいて、自分が誰かを殺してしまうようなことになっているのか、気になります。
ちゃんと監督が描いてくれることを祈っています(苦笑)

ああ、でもいいなあ・・・シンステ・・・癒されるなあ・・・。

と、そこに隊長自ら!お迎えです。小言をすぐ言うためでしょうか(うっぷん晴らし?・笑)
朝、あんなにへたれっぷりを披露したにも関わらず、めちゃめちゃ偉そうです。
このギャップがいいんです(しつこい)

名前しか分からないステラに途方に暮れているところを、上手いこと、面倒見いい兄ちゃん二人がステラを探しているのに遭遇。ステラが反応。アスランが3人組にピンときつつ、ステラの引渡し成功しました。

ああああ、でもほんと! しんすてーー!!

「シン、行っちゃうの?」
「あ、ああ。ごめんね」
「・・・・・・」
「でもほら、お兄さんたち、来たろ? だからもう大丈夫だろ?」
「うん・・・・・・」
「ああえっと・・・ほら、また会えるから、きっと。ね?」
「え?」
(車発進・この時だけは思った、アスラン、もうちょっと気、きかせろ! やっぱり人間づきあいは苦t・・・・苦笑)
「・・・・・・あ」
「ごめんね、ステラ! でもきっと、ほんと、また会えるから!」
「シン・・・」
「ステラ! 会いに行く!」
「シン・・・」
(アウル・オクレ兄さん「行くぞ」)
「シン、ステラを守るって・・・」


す、すいません、つい、うっかり、やりとり全部書いちゃいました(汗)
だってだって・・・!

シンステーーー!!(もういい)

ああ、青春だねえ・・・。



と、いい気持ちに浸っていれば、次回はやっと話が進む模様で、アスラン、色々ピンチ!
ユウナやネオがまた帰ってくるようです、そしてキラも!
やっと動くのかお前・・・!!!
どんな再会してくれるのか、どきどきもんです。
いやーんなあらすじは色々聞いておりますが・・・(汗)



はあ、萌えた。幸せだ。また後で見返して、萌えよう(ぁ)
posted by 瑛未 at 08:48| Comment(1) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
こちらでは初カキコですね。(^^)
なんだかとても幸せ気分満喫状態って感じですね。
私も今回はかなり楽しませてもらいました♪

> こんな反応じゃあ、カガリとすらやってないような気がする、大マジに。

たぶんそうなんでしょうね。。。(笑)
ルナの反応にしろ、ほぼ同感です。
婚約者がいるのに、モーションかけてたのは、やっぱ幾ら何でも
まだそこまではやってないだろう…とか思ってたせいでしょうね。。。

> 二人ともとっても純で、とにかく可愛いからーーーー!!!!
> ほんとに、シン、ステラを守ったれ・・・!

私もこの二人に関しては、暖かく見守ってゆきたい気分です。(^^)
悲恋にならないよう、切に願っています。。。
Posted by 風海 at 2005年03月16日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。