2005年01月28日

運命のアスキラ

私にしては珍しく(苦笑)、今日はちょっとキラ中心に、運命のアスキラについて語ってみたいかと思います。

運命で復活してから、キラ、種1に比べると遥かに大人になりましたよね。
雰囲気もかなり落ち着いて、時々見せる笑顔や仕草にはやっぱりキラだと思いながら、でもどこか可愛い「受け」なキラが見えなくなって、ちょっぴり寂しいのが本音。
むしろ、ラクス暗殺未遂事件のエピソード以来キラはすっかりかっこいい。
種1では心からキャラにあまり「かっこいい」とかそう感じることはなかったのですが、運命のキラはほんとに「かっこいい」 うっかりキラに惚れそうです(うっかり?)
カガリを攫ってきた理由は私はまだ見れていないので分からずなんとも言えませんが、あの隠居(苦笑)生活で色々と考えていたんでしょうか。更にレベルアップしてるような。

でもだからといって、(健全な視点で見ても)アスランとキラの関係は変わっていないはず。
お互いかけがえのない親友で、大切なパートナー。
戦争に巻き込まれる前よりその絆はずっと強く固くなって、どこにいてもそれは壊れない。
また何か2人を引き離すようなことがあっても、壊れない自信。
精神的に深くで繋がっているから、強くいられる。

ぶっちゃけ、本編でのいちゃラブは卒業して、「大人な」(笑)関係に移行したんですよ。
だからあからさまに「アスキラ」はしてくれない。
だけど、ドライブのエピソードとか、肝心なところでお互いを思い出したりとか、ひそかなアスキラはまだまだしてくれる。
お互いに今は隣に守らなきゃいけない女性がいて、その人を守ることが今自分のやるべきことだとも、分かってる。でも、それでも、最後に心が帰るところは、お互い。

私は(大真面目に)そう、思っています。

私ですら今のキラはかっこよすぎて「攻め」に見えてくるわけですが(苦笑)、でも、昔からの関係がそう簡単にひっくり返るこたあ、ありません(笑)
精神的アスキラアス、肉体的には永遠にアスキラ、ってとこでしょうか。
まぁ精神的には種1からも、アスキラアスだとは思っていましたが、運命じゃ確実(苦笑)
いいじゃないですか、アスランは元々へたれなんですから、受けのキラがしっかりしてたって!(ぇ)
キラが弱ったアスランよしよしするのも萌えじゃないですか!

というわけで、かっこよくなったキラに、私は運命アスキラをこんな風に考えています。
うっかり攻めに見えてくるキラに、半ばちょっと必死です(^^;
でも、見かけじゃないのよアスキラは!
言い聞かせつつ、これから脳内のパラレルワールドに戻ります(笑)
かっこいいキラも好きだけど、やっぱり可愛いキラが好きだ!
posted by 瑛未 at 10:17| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

海の向こうで生種話

今日はびっくりしました。
まさか寮で種の話をする日が来ようとは。
というのも、今日のお昼に唐突に中国人に聞かれたのでありますよ。
まず……「アニメ(cartoonって言っておりましたが一応)好き?」
こう質問されれば、向こうは私もアニメが好きなのを期待しているわけで、迷わず頷く私。
続けて「この作品知ってる?」と聞いてくるのですが、こやつ発音がめちゃめちゃ聞き取りにくくて、しばし苦戦した末。

「SEED」

この単語が耳に入り。え、まさか、ガンダムのかい?
他に「SEED」がつくのっていったら「APPLE SEED」だけど音似てないし。
確認のため、どんな内容か聞いてみたところ。「戦争」

あぁ、ガンダム種だ…!
知ってる、知ってるさ、よく…!!

にやけそうな顔を必死に必死に抑えて(笑)、頷き。
何やら新しいシリーズ、とどのつまり運命の確認と、DVDが出る情報の確認がしたかったらしい。
実際買ってるDVDは字幕つきらしいのですが、嬉しそうに「日本語でもキラとアスランなんだよね?」と聞いてきて、男子からこの2つの単語が出てくるのは初めて聞いたもんだから、なんかちょっと不思議な感じ(苦笑) しかもかっこいい(cool)って(笑)
「種は話が面白くて好きだ」と言っておりましたが、「そう?」と私は苦笑い。
面白い、らしいですよ、話(おぃ)
しかし、まっとうに種を見てる人に初めて会いましたよ、腐った方向でじゃなく(笑)
それからは、話は日常的なことに戻っていったので、種の話はそれで終わりましたが、いやあ、マヂで驚いた、イギリスで、いや、寮で種の話を普通にする日が来るとは…。

びっくりびっくり。


さて、ちらとさっき公式サイト覗いてきましたら、キャラ紹介のカテゴリ、AAが増えて色々キャラ移動がありましたね〜。
アスランがザフトに移ってて、キラ、カガリ、ラクスとその他一杯がAA。
なんか一人寂しいなあ、アスラン……。でも赤服…! 公式にも赤服になったよぅ!!
ぴしっと赤服で立つアスランに、やっぱりアスランは赤服だ…!と拳を握ってしまった。
一応ちゃんとキャラデザイン的にも18歳ぽくなって…。
しかし、ラクスさんのあのお洋服はなんなんでしょうか、ラクスの趣味なのかな?(苦笑)
実は和が好きだったりするんでしょうか、ラクスは(笑)
でもなんかアレ、着てて色々邪魔そうだなぁ……。
話変わってオーブ軍服。白貴重でかっこよく、キラが、キラがかっこいい…!
種1の時に苛められるのを我慢してたかいがあったよね、保志さん(笑)
いやでもマヂに、今度のキラは完璧いじれない。

けど今度の配置、AAがカガリ、キラ、ラクス。ザフトのアスランの上にミーア。
こう絵的にぱっと見ると、ノーマルはやっぱり、キラとカガリ、アスランとラクス(この場合ミーア)、がしっくりくると改めて思った。
個人的趣味も入ってはいるんだろうけど(苦笑)、色的に綺麗じゃないですかい。
茶色と金髪、紺とピンク。ね(ねってなんだよ)

あ〜でもノーマルはどうでもいいのよ。
いつかキャラ紹介でアスランと並ぶ日が来るんでありましょうか…(結局はそれなのか)
こう勢力に分けられるてると、やっぱり対立しちゃうんだろうか。
しかしそんなことになったら、今度アスラン、向こう側には3人もいるし。
んー〜、どうなるんだろう??
posted by 瑛未 at 06:53| 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

ぼいすNT

今日はなんだかやたらと眠く、早く寝ようと思いつつ。
種運命巻頭大特集なボイスニュータイプを、本日買ってきて、あまりの読み応えに感動中(笑)
実際まだ、アスラン、キラとカガリ、ネオ、レイのインタビューしかちゃんと読んでないのですが(おぃ)すっげぇですよ、種運命キャスト総勢12人に直撃…! 超豪華…!
種関連のインタビューでは、アスランに一番近い石田さんのコメントにいっつも期待(何を)しているのですが、今回も1つアスキラ腐女子的に嬉しいものを発見…!

石田さん曰く

アスランはユウナの婚約者としての存在を理解していているけれど、カガリに指輪を渡したのは、ただ、自分の存在を近くに残しておきたかった、俺は隣にいるからな、と。別にプロポーズとかそこまでの想いじゃないと思う。いたたまれなかったんだと思う。

…と。

よっっし! 石田さん的にあれはプロポーズじゃない! 
指輪事件を監督がどう考えていたにしろ、アスランに一番気持ち的に近いであろう石田さんがおしゃるならば、きっとこれがアスランの真の気持ちだ…!
そうだ、アスランはいたたまれなかったんだよ!(笑)
ラジ種とかでは腐女子を喜ばせるために色々楽しいことを言ってくださっていた石田さんだけれども、これはマジメなインタビュー。でもそれでもこんな答え。
ね、まだプロポーズな気持ちじゃないんだよね! アスランはね!
プロポーズする相手はキラだからね…!(アスキラフィルター通過済み)

あぁ、なんだか至極満足…v
ボイスNT、種特集以外にはほとんど読むとこなくても(苦笑)、種運命的にこれは必須ですよ皆さん!
posted by 瑛未 at 22:50| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

でもやっぱり

13話の語りで、あちし、アスランが好きなん・・・だよね? とかなり真剣に考えていたのですが、あれから他サイトさんの感想読んできて、風呂入ってぼーっとしながら、やっぱアスラン好きなんだな、と妙に納得しました。
いえ、キラスキーじゃないと強調したいわけではないのですが、同じCP好きでも、好きキャラが違うと考えることが違うんだなぁ、としみじみ思っただけでして・・・。

こう、今回、ユウナがキラがカガリの弟だと知っていたというところで、キラスキーの方たちが考えられたらしいことは、ユウナはキラを狙っている。
私なんかは、同じタイミングで出てきたトリィ頭乗っけキラにやられたそのままにアスキラ妄想に突入し(苦笑)、ユウキラはこう感想巡りをしている間に、ほぇええ!?となったわけですが、その代わりアスランスキーの私は(他のアスランスキーさんたちはどうか分かりませんが・苦笑)、8話でアスをねちねち苛めるユウナに、ユウナはカガリよりむしろアスランを狙っていると、こんな考え・・・。
まぁ・・・アスランが受け気味にも見える人間っていうのもあると思いますけども(^^;

どっちにしろ、アスランスキーアスキラーなので、アスキラ以外のキラ受けってあまりすぐ思いつかないんですよね。
あ、でもギルさんは美少年喰いっぽいから、普通に考えてしまったな、ギルキラ(苦笑)
ギルはアスランを通して絶対キラも駒にしようと考えている、って。

ん、でもそうすると、ギルがラクス狙うのはちょっと矛盾?(黒幕はギルだと決めつけ・苦笑)
今キラがラクスと一緒なのはきっと知ってるだろうし、ギルがラクスの影武者作って本物ラクスを抹殺しようとしたのが分かったら、キラがギルのこと信頼するわけがない。
むしろ敵対・・・・・・って、あっ! アスキラ敵対・・・!(そこに行き着くのか)
いや、アスランもラクス抹殺の事実を知ったらかなーり動揺しそうだけど、今アスランは思い切りギルの手ごまになってるからな、いくらミーアのことをちょっと不振に思ってるとはいえ。

そうかそうか、ギルさんはアスランとキラをまた対決させたいのね・・・!
大きい力同士がぶつかりあえば、そりゃ凄まじい戦いになるし、1みたいに。
そしてアスランが悩むしね・・・! また色々アスランで遊べるしね・・・!(ぇ)


さぁて、実際はどうなるんでしょ☆ 色々楽しみです。
posted by 瑛未 at 01:45| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

第13話

あれ私って、アスラン好きなんだよね・・・?
と思うほどに、なんだかキラがキラに戻ってくれたことに嬉しかった13話。

ネタバレ大丈夫な方だけ下をクリック。


続きを読む
posted by 瑛未 at 22:57| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

11・12話

25日はもう過ぎてしまいましたが…。

めりーくりすます!

去年は戦後クリスマス2つほど書いたりしたけれども、今年は沈没…。
クリスマス時期は家の都合で毎年忙しく、今年は更にで、昨日・今日は完璧1日使われ、本日の1時間SPは録画。
先ほど眠気を振り切って、無事録れていた種運命、見ました。

なので、端々は覚えてなかったりしますが、ひとまず今日の運命感想。


続きを読む
posted by 瑛未 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

デュランダル議長

今日、もう一度ゆっくり10話を見て、あの後アスランとミーアどんな会話したんかなぁ…とか考えていたら(苦笑)、やはり色々ごちゃごちゃ矛盾が浮かび上がってきて、文字にすることでちょっと頭の中整理です^^;
最終的に、やっぱりアスランとキラは戦後一緒の方がいい、という話に繋がってるところが、やっぱりアスキラー(笑)


なにげにネタバレになってると思うので、
ネタバレOKの人は↓をクリック。


続きを読む
posted by 瑛未 at 02:10| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

10話 父の呪縛

見ました、ナマで…!! 運命…!!

もう、もうもうもう、ナマで見れただけで感動なのに…!!

 なのにーーーーーー!!!!


はぁはぁ…ネタバレいきます。↓


続きを読む
posted by 瑛未 at 19:21| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

6・7話→Reason

帰るぎりちょんで、無事、6・7話、着いたーーーー…!!!
消印からだと9日には無事海を渡っていたのに、4日間国内の一体どこを彷徨っていたのか…。
まぁ、原稿終わってからで、ある意味よかったと言えばよかったのかも。
Kさん、ほんとに萌え便ありがとーーーー!!


そしてっ、やっとアスラン補充できて、元気一杯(笑)

今回6・7話で何が楽しみだったかって、

アスラン・イザーク・ディアッカのあの最強コンビ復活の瞬間。
いつの間にかすっかりアスランに懐いているシン・アスカ(笑)
まだ落下中だというのに、シンとの会話で笑顔見せるアスラン。
アスランとカガリの会話を聞きながら、ここぞとばかりに間に入るシン。
種運命赤服っ子と戯れ、ルナのあの発言まではなかなか楽しそうなアスラン。

そして何より、アスランの射撃……!

何、あの射撃、神業なんですが…! さすがエリート! 赤のトップ!!
アスラン、訓練モードも上げて、結構真剣にやっちゃって(笑)
あれはもう、後輩に頼られておだてあげられて(笑)
内心嬉しくってしょうがないんだなー、可愛いヤツめ。
ちゃっかりルナにアドバイスとかしちゃってさー。株を上げ中(笑)
しかしイザーク、アスランが熱があったとはいえ、あのアスランより上を行ったのか!
やっぱりイザークも赤服なんだな、つぉいんだな…(何を今更)
いや、それよりルナさん、赤なのにあれでいいのか…。
普通は赤でもあんな感じなのか? アスランとイザークが飛びぬけてたのか?

でもルナの失言の後のアスランの「敵って誰だよ」
噂にゃ聞いてましたが、あまりの変わりように背筋がぞくりと…。
このギャップがたまらん……ふいにこう来るとしびれる、石田声。

でも、マヂメ部分は、パトリック・ザラ云々で悩むアスランが、見てて辛くて…(でも綺麗…・ぇ)
ひたすら破砕作業に最後まで必死に取り組むアスラン。
無事着艦してからもあのおっちゃんの言葉を思い出して、苦しいアスラン。
カガリは微妙にアスランを分かってやれてなくて、もう見てられないよ、君たち…!
シンの「アスランが可哀想だ」は、ほんとにもう可哀想だよ…!
よく言った、シン!! 
やっぱりカガリといちゃだめだ、アスラン(苦笑)
キラかシンと(ぁ)いたまえ、君は。

ふと思う、このシーン、アスカガさんは、シンにまた責められたカガリが可哀想と思うのだろうか、それとも素直に、微妙にカガリに分かってもらえていないアスランが可哀想と思うのか……なんか気になる。どうなんだろう…でも周りに聞けるアスカガいないよ(苦笑)


でもでも、6・7話のEDの入り方見て、またReasonが上手いことアスキラに聞こえてきた瑛未さん。
だって、あれやばいってさ、普通にアスキラソングになってるよ。
6話、落ちるアスランと、見上げるキラ。
おまけにキラが見上げて「あ…(すらん)」(←お約束)
そして7話、オーブで何してるんですか、と聞かれたアスランと、
浜辺でラクスと一緒に立ってるキラが交互に重なればこれはもう、
「理由なんかない、キラがそこにいるからだ」
とアスランが答えてるも同じじゃないですか。
もしくは、「キラがいるんだ……でも俺は……」と思っているとか。

やっぱり真のReasonはアスキラなんだよ、うんうん。
2番までいけば、確実にアスキラにしかならないしね…!


以下、とっても都合のいい部分解釈。

百歩譲って1番はアスカガだとする。
しかしその後2番では確実に、でも本当はアスキラなんだと主張。

「それぞれの夢を叶えてまた巡り会う時 偶然は運命になる」

アスランの夢が、この戦争中カガリを、世界を守る、ということにしてみる。
キラの夢が、(とりあえず)ラクスを守る、ということにしてみる。
そうすれば、戦争が終わってまた2人が巡り会った時、それは運命。
また2人の歯車は回り始める。

「破れた約束さえも誓いに変えたなら、
 あの場所で出会う時、あの頃の2人に戻れるかな?」

約束→ずっと一緒にいる。キラだけを、アスランだけを思う。
実際今微妙にこの約束が破れているわけで、でも本当はこの約束は誓い。
それに種で「あの場所」「あの頃の2人」って言ったらアスキラしかないし。
あの場所=桜の下、あの頃=幸せだった月での生活。

「瞳を閉じて見えるから。手を触れず在ることを知るから」

だって、落ちてくるコロニー見て、アスラン感じ取ったキラですから!!(決め付け)
それに、8話まで行けば、それこそキラセンサーついてるアスランですから…!


……はっ、そうだ1番だって、「夢」の解釈を「アスランがカガリを(+そのためにも世界をついでに)守りきる」でいけば、充分大丈夫じゃないか……!
思い切り「君」を健気なキラだと思えば、もうしっかりありじゃないか……!

「君だけを抱きしめたくて失くした夢 君はアキラメナイデと言った」

キラだけを抱きしめたくて失くしかけたカガリ(と世界・苦笑)を守る夢、キラはそんなアスランに「アキラメナイデ」と言った。
よく考えれば(ぇ)、あの一杯一杯のカガリがこんなことアスランに言う余裕はないっすよ。
8話でどんな会話があったのか未だ謎ですが、プラントに行くと決めたのはアスラン自身で、カガリが押したことじゃないだろうし。

そんでもってそうすれば、

「せつなく胸を刺す。それは夢の欠片」

ココの部分が、そんなキラに対するアスランさんの罪悪感!!

それに 「言葉を重ねても解りあえないこと まだ知らなかったね」
種1で「何のために戦うか」の答えを見つけたキラと、見つけられていないアスラン。
あんなに言葉を、心を重ねて一緒に戦ってきていたのに、
知らなかった、気づけば自分だけが分かっていなかった、キラの見つけた答え。
こんなところでどうよ?


ふっ。腐女子をなめてはいけない…!
どこまでも妄想は果てしなく進むのでありますよ…!
アスカガの裏に隠された真のアスキラ、ってね(ニヤ)
これ、順番に後でまとめてサイトの方にアップするかな。
需要があるかどうか分からないけど…。


よし、元気出てきた。やっぱり違うな、生映像のパワーは…!
posted by 瑛未 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

8話…めげた…けど復活…!!(ネタバレ注意報)


 ☆8話ネタバレ注意報☆



朝…ではなく昼(苦笑)起きてすぐに8話の内容を確認。
見に行ったところが悪かったのか、プラントの貴公子とオーブの姫のことしか書かれてなくて非常にめげていたのですが、今ひとまずの用事を済ませ落ち着いて更に色々感想をあさってみたところ…。

こ れ な ら、余 裕 で 大 丈 夫。

監督、我らを完璧突き放してくれなくてありがとう、な気持ちです。

瑛未、復活…!!!(せんでえぇ)


いやあ、何がいけなかったって、最初のバレあさりではドライブetcが確認できていなかったこと。
あまりにもその後のイベントが凄かったからなのか、なかなか触れてくれなくて。
でもドライブで何があったのか確認やっとできた今は、今度のファンタジーアスカガだって余裕。
女の子らしく(ぇ)キラの髪伸びすぎちゃってるよキャプチャ見て、すっかり余裕。
豆粒キラを目立つラクスを差し置いて、すぐさま発見したらしいアスランに、すっかり余裕。

だって奥さん、アスランの運転で海岸沿いを2人きりでドライブなんて、夢のような話じゃないですか!
それっぽい話を某アンソロ用に書いたから、なんか嬉しいよ…!
本気で本放送で、堂々とドライブしてくれるなんて…!

ラクスさんありがとう、2人だけにしてくれて。

そしてここで何が一番重要かって、悩み打ち明けた後、すぐ夜に場面転換。
とどのつまりは。

「ここの空いた時間で好き勝手に考えてね♪」by監督

ということなのでありましょう…! そうですよね…!!


私的にはここでね、アスラン、カガリに指輪渡すことをキラに言ってるんだ。こう

「カガリのためにも、あの婚約者を引き離すために、明日カガリにプロポーズするつもりだ」

って。そして少し固まったキラに。

「でも、俺の1番はいつでもキラだから……覚えていて」

とか何とか言ってこう、も一つトドメ。

「俺が全てを打ち明けられるのは、お前だけだ……。アイツじゃない…」

そしてそのままなだれ込みで……(裏行き)


ほら…余 裕 !
我ながらこの腐った脳に乾杯♪

実際の問題のアスカガイベントのアスラン頬染めは、素直にアスラン恥ずかしさをこらえてるに一票。
脳内で必死にキラに変換しながら(笑)、一生懸命考えたセリフを言い、とにかく今はアスカガに徹することに決めたアスランさんなのでした。


どうよ…!!
フォローのしようがないと思ってたんだけど、大丈夫だった…!!
監督、隙を作っておいてくれて、ありがとう…!!



さて、フォローし終わった所で、他のポイント…。

・初シャワーシーンはまたしてもアスランさん。色気……!!!
・お部屋でお着替えしてるレイさん……! こっちも色気大放出…!
 (むしろ貴方もシャワーシーンしてくれればよかったのにー)
・もみあげ婚約者……うわー、カガリも災難だ……。
・種1キャラ大放出☆
・アスランさん、大事な指輪なら小箱に入れておこうよ。ポケットにそのまま…って…。
・つーか、いつどこで指輪買ったんだよ、いつから持ってたんだよ…!
・アスキラ象徴、トリィ、シンより目立つ(苦笑)

トリィがいるだけでアスキラに思えてしまう、今日この頃。



実際8話見れるのはしばらく後かもだけど、8話だけでもフライングでアスキラ救出部屋、アップするべかな…。
posted by 瑛未 at 03:07| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

第7話 バレ感想

どうしようどうしよう、色々聞いてきたんですが。

シン→アス

満載だったと…!!!

す、すいませんっ…!
せめてここでは矢印にしておきます(爆)

あぁあ、そしてMSでBL、7話にして派手にやってくれたそうで…。
じゃすちすとふりーだむの手々つなぎから、自然とMSが本人に変換されるようになったこの便利な脳。
見るのがとっても楽しm…(げふげふ)


……さて、それは横に置いておきまして……。

アスランの射撃の腕前が見れるシーン…!
聞いただけでも、アスランファンやっててよかったとつくづく思ったです(笑)

そして、何気に後輩に囲まれて楽しそうなアスラン。
きっとあれが本来のアスランのあるべき姿なのかなぁと、まだ見てもいないのに勝手に想像。
何も大きなことが起きなくて、あのままエースパイロットとしてザフトにいたら、きっと面倒見のいい、よき先輩に、皆に慕われる良い隊長に普通になってたんじゃないかと。
それが一瞬垣間見れた瞬間であるような。
本編でアスランがちょっとの間だけでも楽しそうだったりすると、1がほとんどずーーーーーっと辛いばっかりだっただけに、どうにも私も嬉しくなります。
だって、今回だけでアスランの笑顔が2・3度拝めるなんて…そんなの1ではありえなかった…!(いや、憂いの顔も綺麗だけど…!・苦笑)
それに、苦労や葛藤はたくさんあるだろうけれど、アスランはカガリの側にいるよりも、ザフトに、プラントにいて動く方が、世界のためにはきっと役に立つことが出来るんじゃないかなあと、どうしても思ってしまう。

そう思ってプラントに行ってくれることを願いますが(苦笑)、もしも、カガリと世界で、あやつがカガリを取ったら、本気で泣きますよ、わたしゃ。
アスキラがどうの、というよりも(それもあるけど・苦笑)、戦場の男があえて逃げるように女を選んでしまうことに。

まぁ、あらすじを漁る限り、プラントに戻ってくれるようですが、あっちにもこっちにも怖い女子たちがいて、アスランがどうなるのか、あぁ、心配です(^^;
ほんとにキラ化しちゃうのかなぁ……ねぇ、石田さん……。
(それに目立ちすぎると、やっぱ後々が怖いよう……)

それはともかくも、来週はとうとうアスキラ再会ですね!!!
ずっと待っていました、アスキラ再会……!!!
どんな風にアスランが、キラが、互いに反応するのか、もう、考えるだに萌えますv
やっぱり種はアスキラがないと……!!


と……そんなことを思いつつ、今日はオフ本になるはずの原稿を書いていました。
ほんのり進んで、このまま話が道から外れなければ、あとちょいでプロットの半分。
けどこれからが色々修羅場で、どうなることやら。
でも、第一稿書いてから、それから更に読み返したりしたいので、気合でガンバリマス☆
あうー、しっかし予定のページ数オーバーしそうだ、この調子だと(爆)


DESTINYアスキラ救済部屋も、待ってくださってる方がたくさんいらっしゃるので、そっちも負けじと書きますゆえ、しばしお待ち下さい……。
あぁ、生で見れない辛さ…。一気に3話分溜まっちゃうからなぁ(苦笑)

ではでは、今日はこれにて〜…。
posted by 瑛未 at 09:56| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

種運命5話

ふぅ、本日最後の感想、行きます。
まずやっぱりこれは言っておきましょうか。


しょっぱなからギルタリ。
というか、普通に艦長の部屋に議長宛の交信が行ってるってことは、…艦内公認…?
メイリン、画面に出てきたシーツ一枚の艦長を、どう思っているんでしょう(苦笑)
私もあんないい女になりたい…?(爆)


次、これもやっぱり言っておこう。
アスランとレイ、ハモって「砕くしかない」
ハモるのは噂で聞いてて、いつハモるんだー、どんな風にハモるんだー!とわくわくして見てて。
画面二分割でアスランとレイが並んで……! うひょーーーー!
画面が豪華だ……! 2人アップで並ぶと豪華だ…!
そしてこの2人は間違いなく似た者同志(笑)
思考回路が確実に一緒。
戦闘のこともそうかもしれないけど、おそらく他のことも。
だって、レイがいつもシン追いかけたり色々気にしてたりするのって、
キラがザフトにいたら、アスランが取る行動にぴったり当てはまりそうで。
ほら、キラも我ままさんでしょう、面倒見て、時々注意したりとかアスラン、しそう。

なので、私は種CP、種2キャラオンリーで普通にいくなら、レイシン、です。
そんでもって、あの議長と妖しい関係がありそうなレイに、ギルレイシンです。


はっ…話がそれました。
今回の大きなシンとカガリの衝突の前に、簡単に他のポイント行ってみます。


・ブルーコスモス……なぜこんなに醜い……(爆)
 でもイメージ的に今度は、英国なのかなと。前回のアズはとっても米国だったけど、
 今度の人は落ち着いて策略的。んー、あと風景から(笑)英国な匂いがする…。
・相変わらずの金銀コンビ!! キターーー!
 ディさんがすっかり男前度アップしてる…! かっけぇ…。イザもすっかり美人に…。
・レイの…レイのオシリ…!(笑) そんな無防備に尻向けないで下さい。
 やはりこいつもアスと同じ匂いだ、攻めでも受k(強制終了)
・MS貸してくれ、なアスラン、カッケーよ! かっこいいよ!男前だよ…!
 そんでもって赤スーツだよ…!
・ジュール隊がUnknownと戦闘中。アスランは「ジュール隊」に引っかかり、
 シンはUnknownに引っかかる。反応するポイントが違うのが、2人の差か。
 Unknownくらいではびっくりしない? アスラン(苦笑)
・「状況が変わりましたね、危ないですよ。おやめになります?」
 「馬鹿にするな」
 まったくだ…! アスランをどこの誰だと思っているルナ…!
 ああ、だめだ、まだルナのことは微妙に好きになれない(^^;
・「アスラン・ザラ、出る!」 やっぱこれがなきゃ…!


そしてー、カガリVSシン。

ぶっちゃけまずね、ヨウランだけがこう、軽いノリで言ったことを、カガリが「お前たち」、と「たち」にしてみんなを含めてしまったのはどうだろうかと思った。
メイリンの心配口調は聞いてるだろうし、全員まとめてしまうのはいかがなものか。
怒り頂点に達したとはいえ、ちょっと言葉を考えた方がよかったと思う、カガリ。
ヨウランの発言に怒りたくなる気持ちは分かるけどさ、ふざけてたとしても、こんな状況にふざけて欲しくないだろうし、自分の国がその落ちる先にあるんだから。
ヨウランとしては、その場の空気を明るくしようとしただけなんだろうけど、カガリがその場にいたのが不運。

「やはりそういう考えなのか、お前たちザフトは!」
これも上に同じ。でもさすがに、ザフトにまで大きくくっつけてしまったカガリには、アスランもびっくりしてたね。一応自分も一時期所属してたし、全員が全員ナチュラルを憎んでいるわけじゃないんだと、アスランはよく分かっているし。
必死に止めるアスラン、シンの挑発に我慢できないカガリを少し声を強めて怒るアスランには、惚れた(いつもだろ) 甘くしても駄目だ、と分かってる。

でも、ここでのアスランの発言も、やっぱりちょっとまずかったよね。
「くだらない理由で関係ない代表にまでつっかかるというなら」
オーブはオノゴロ崩壊にまで至ったわけだから、そう単純に「くだらない理由」じゃないと少しは思ってもいいだろうし、そうであれば首長の跡継ぎであるカガリは「関係ない」とは言えない。
んー、アスランもちょっと怒ってたんでしょうか(苦笑)
「ただではおかないぞ!」には思わず、おぉおおーーーコワ!とか思ったけど(笑)

でもだからって、言い返したシンの言うことも、素直に頷けない。
オーブが貫いた信念によって家族を失ったのは辛いと思うけど、それできっぱりと何もかもオーブのことは「信じない!」と言い切ってしまうのは、多分、やっぱり、シンはアスランとカガリに比べれば、よっぽど「何も分かってない」
カガリが後で言ってたように、ウズミは悩んで悩んで、結論を出して、自らは散って。
国の裏側はいつも見えないけど、「何も分かってないで決めた」としてしまうのは一方的すぎる。

それでもアスランの言う通り、それを言っても今のシンは、自分の気持ちで一杯だから、どうしようもない。自分が通り過ぎてきたみ道なだけに、よく分かるんだろうね。
ここでやっとキラとの対決を思い出してくれたわけだけども(苦笑)、気持ちで一杯すぎて、大事な大事な人まで、殺しかけちゃったし、そのくらい周りの声が入らなくなるもの。


あぁけどカガリも、色々我慢してたんだな、って改めて思った。
18で国を任されることになって、辛い、なーんてことはないと思ふ。
カガリは一応ウズミの娘で、ウズミから希望を託された人間で、戦場にも出て。
オーブはおそらく、戸惑うカガリを押したんではないかと。
そうじゃなかったら、そもそも国民があの歳の女子に国一つ任せないってさ。
そんな国民の期待が重くカガリにのしかかって、「アスハ」の名に恥じないように一生懸命で。
自国の理念を必死に貫くことも、表には出さずともいつもどこか不安が残ったりと。
だから議長に色々言われたりすると、ムキになったりとか、してたのかな。
今回はそれが、運悪くヨウランの、シンの言葉で挑発されて、とうとう事切れた、みたいな。
きっとカガリは毎日忙しく、本当の不安な気持ちはアスランにも言えてなかったんじゃ。
アスランには成長する時間があったのが、カガリにはあまりなかったのかもしれない。


なーんて。
カガリは単品で見れば嫌いでないキャラなので、ちょっとカガリを擁護してみたり(笑)


しっかし、泣きがきてアスラン押し倒したカガリに苦笑。
好きあってるなら、そういう時は女に押し倒される前に抱きしめるもんだアスラン!
でもさ、ほら、アスランはへたれだしさ、それに、こういう場面で自ら抱きしめたくなるのは、キラだけだから…!
ほら、まだアスランはカガリのことを、完璧には好きじゃない…!(必死)


あー、長くなった…。感想、サイトに別に上げたほうがいいんだろうか、ブログではなく…。
でも1〜2はこっちでは書いてないんだよね、そんなに。
ま、いいや、後々考えよ。

それでは、後日、アスキラ救出部屋にて☆(笑)



つけたし…「アレックス」のイントネーションが妙に気になる(苦笑)
実際のところ、ア"レ"ックスじゃなくってさ、"ア"レックス…なんだよううう…。
確かにアレックス・ディノって苗字まで言っちゃえば、違和感なしだけど。
普通は…普通はアレックスだけだったら、「ア」を強く言うのよー…! き、気になる(^^;
posted by 瑛未 at 07:26| Comment(1) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

種運命4話

この話はもう、これでまとめていいですか。

アスランにはとってもとってもとっても申し訳ないんだけれども。


苦 悩 に 満 ち た ア ス ラ ン は や っ ぱ り 美 麗


歪んだ顔が、どうしても綺麗。
アスランにとっては全然嬉しくないかもしれないですが、でも綺麗。
何度この話で出てくるアスランの辛そうな顔に…特に横顔に見ほれたことか。
そんな見ほれてる状況じゃないのに、でもどうしようもなく(苦笑)

そして、戦場に出てこそ、力を発揮するアスラン。
やはり戦場の男。伝説のエースパイロット。
戦いで変に辛い思いはして欲しくないけど、でもやっぱりMSに乗ると生き生きしそうで。
これぞ、まさにアスランに出来ることだと思うし。
はっきり言ってカガリの護衛してても、あんまり役に立ってるとは(ぇ)
MSがあっても自分は乗れない立場にいる、凄く重く突き刺さったのではないかな…。
見ている前で、何も出来ないで、失われていくかもしれない命。
(回想、ミゲルとニコルのは分かるけど、何故にフレイ・フラガ・ナタル&アズまで…)
続けてエロ(笑)議長の「存在そのものも偽り」を思い出し、大きくかぶりをふるアスラン。
もう…もう!! あぁーーーー…アスラーーーン!
エロ議長のエロい言葉とエロい視線に惑わされてはだめよ…!(違)


でもね、悲痛な気持ちになっていたそのすぐ後、メイリンちゃんの動きに……萌え…た(笑)
可愛い…! ここにも可愛い子がいる……!(オヤジかおまいは)
レイの後ろにひょこんっと隠れたり、出て行くレイに慌てて横によけたり。
可愛いよーーー!!
あぁそして、可愛いといえば、やっぱりステラも可愛い…!
帰還信号見て、ほっと嬉しそうなステラたん。
スティングが「ネオが帰ってこいってさ」言って、「うん…」って子犬のような笑顔を見せるステラたん。
なんでこんなに運命は女の子が急に可愛くなったんでしょうか(笑)
前作の女の子キャラたちは、見てて「可愛い…!」なんて思うこと、なかったのにー。
(みんなどこか飛んだキャラだったからなー…ミリィ以外)
なんだろう、この違いは(苦笑)

しかし、ルナマリアキャラは、これまたカガリとは違った勝気な女の子さな。
戸惑いもなくアスランを 呼 び 捨 て てるし。
だ、だめだ……呼び捨てた瞬間、こうぴきっとこめかみに……。
うぉー、これからアスランと絡み多くなるであろうに、脳が抵抗示してどうする(苦笑)
いちいち大変だぞー……。
でも、カガリが精神的に不安定な今、いざという時にアスランの尻叩く役の女キャラはルナなんだろうな。
あぅ、でもどこまでいくんだか。

だってどうするよ、某メイトのキャラグッズ第1弾、ブロマイドセットの組み合わせが:

・シン&ステラ
・アスラン&ルナマリア
・レイ&ギルバート
・アウル&スティング

アスラン、いつものグッズのパートナーのカガリ、どこ置いてきたんねん!
ってか、シンとステラが組み合わされてる次が、アスランとルナ。
種1の時でも序盤の頃、まだ全然その匂いもなかったのに
キラ&ラクス、アスラン&カガリで発売されていた種グッズ。
これってやはり、アスルナになっていくのか……そのサインなのか…?

こ…これ以上浮気は…! アスラーーーーーン!
キラからカガリに転んだ以上、そんな簡単に乗り換えはやめれー!
せめて浮気は同じ顔が理由にできるところまでにしてよ…!(笑)
キラが……キラが泣くぞおーーーーー!

あ、あと…「カナーバ前議長が彼らに取った措置のことも…」って、「彼ら…」ってやはりキラとラクスのことなのかな。キラは元々オーブ国民だったけど、ラクスとアスラン2人をオーブ国民にしてくれた、みたいな…。
はっ、ということはもしかして、ラクスも偽名使ってるのかな…?
だから偽のラクスは悠々とプラントで「ラクス」としていられる、みたいな…。


では、ここで5話に続く(笑)
posted by 瑛未 at 06:32| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

種運命3話

さて、落ち着いてゆっくり見ましたところで、1話ずつ、いっきます。

まずは箇条書きで。

・ネオもレイにぴきーん! 来たね!
 ってか、ネオが「なんだ…これは?」って言ってるってことは、
 クルーゼに対するぴきーん!の感覚を覚えていない?
 やはり、クローンなのか、それとも、記憶喪失なのか…(うーん)
・なんか戦闘見てるとさ、微妙にレイのがシンより強いような気がする…。
 いつもレイがシンの面倒見てる感じだし、同じ赤でも1期上とかだったりするのか?
・アウルが姫過ぎ…! 誰だよ、女の子かよ…!(苦笑)
・ザクが気になってるシン。やっぱりあの動きは只者じゃないと思ったのだろうか。
・カガリ&アスラン、議長とタリアと初対面時の議長とタリアさんのアスランへの視線。
 普通ーーーーに気づいてるよね、あれ、絶対もうあの時点で。
 というか、議長さんは初めて会った時からすでに。アスラン、変装、だめだ(苦笑)
・す、す…ステラたん、可愛い…! 可愛いよ…!
 先入観なく自然に女の子キャラに萌えた(笑)
・アスラン、何気に有名人なんだね〜、顔は知られてないようだけども。
 ミーハーっぽいルナマリアに苦笑。
・アスラン、レイも返さなかった通りすがった兵の敬礼に、敬礼返してる…。
 第3話見てて、思わず噴出した瞬間(苦笑) だめだよ、アスラン、君は民間人。
・スティングのインパルス命名「合体野郎」。
 うん、合体野朗だ、無駄に合体する合体野朗だー。
 いつ見ても出撃時間かかるよーーーー。


そして、今回のビッグイベント、格納庫のカガリとシンの対面でありますが。
なんと言いましょう。ここでカガリが言ってることはね、頷けるんだな。
あの3機のせいでこうなって、議長がどう考えているのかは気になるところだし。
議長の矛盾は私も思うところ。
配備するとしても普通のMSくらいでよかろう。
今のところ平和なのに、脅威になるかもしれないガンダムを作るなんて。
だから、ここのカガリは凄く頷ける。
(でも5話のカガリは、うーん…なんだけど(^^;)

……まぁ、でもそれでのんびりしてて、地球側が攻めてきた時一気に慌てる……
っていうのも、それは確かに、プラントの危機になるわけだけども……。

お互いを信じ切る、って難しい。
地球軍側もプラント側も。
どこかで、相手を疑わないといけない、何かの時のために。
前あったことを覚えているから。

オーブ、この理念でずっと突き通したら、おそらく、また被害は大きく出るよね。
戦わない、と主張して、でもいざそうなった時に、生き残れる準備が充分にない。
オノゴロの時みたいに。

あー難しい難しい…。 さて、次いこう(苦笑)
posted by 瑛未 at 05:56| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

3〜5とりあえず叫び(笑)

3〜5話、きたーーーーーーーーー!!!!

あぁ、一気に3話見て色々ごちゃまぜだけど、とりあえず叫び(笑)
もうちょっと落ち着いてから、ゆっくりもう一度見ないと、何がどうなったのか(苦笑)
どこがどうだったか…。

でもとりあえず。

3話:普通に敬礼返したアスランに思わず笑。
4話:デコイだ!と思わず叫んだアスランににまり。
5話:大人になったアスランに、アスランスキーでよかったとしみじみv
   そしてやっぱりカガリは抱きつき魔なんだな、としみじみ(苦笑)

続編が確定する前に流れていた「主役はアスラン」な噂、だてに外れてないと思ったこの3話(苦笑)
posted by 瑛未 at 23:23| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

第5話 バレ漁り感想(笑)

なんだか色んな意味で反響の強かったような第5話。
今週中にはキチンと見れそうですが(祈)、
とりあえず、バレ漁って感想いっきまーす〜。

バレのバレも知りたくないわー、という方はダッシュで戻りませう☆













はい、では……。相変わらず順番は適当ですが、まず……。

ギルタリ。

なんだか、やたらとかなりアダルティなギルタリが初っ端からだったそうで(^^;
おーーー…ギルさん、貴方、まさにミネルバをハーレムにするおつもりですね(ぇ)
タリアさんにレイに、アレックス(笑)に、きっとそのうちシン(ぇえ)
しかし5話でこんなシーンなんて、早すぎじゃあありませんこと?
アスランの初シャワーシーンだって8話だったのに、5話でアダルティほのかエロ。
んー、前回議長のフォモ臭さが凄かったので、一気にそれを取り除く作戦だったんでしょうか。
なにせ……なにせ声がシャアだしね……(苦笑)

次、ほのかな萌え所として、アスランとレイがハモった。
あぁ、やっぱりこいつら同類。思考回路一緒なのねん。
主人公をサポートする的立場にあるだけで、普通にレイ=アスランだったのが、これで私の中ですっかり確定(笑)
似た系列で美人だしね〜…。
美麗さんたちが同じ画面に収まるところ、早う見たかー…。
そして、やたらとシンに口挟むレイさん。
まさに……まさにレイシン……だろう、これは(まだ確認してないですから)
幼年時、キラの面倒みるアスランと同じ感じだよ、だって。

次、アスキラサイト的にはあまり触れとうありませんが(苦笑)アスカガ。
これだけはどうなっていたのか見ないと、正直な個人的感想あまり出ないと思うけども、
一応、カガリ単体は嫌いではない人間なので、弱気なカガリが少々可哀想…かな、と。
何せ一所によると、アスカガ、というよりもむしろカガアスだった、という話もあるし、
(押し倒されたらしい……っすね、それでこそアスラン・苦笑)
なにやら今回、ちらっとキラのことも思い出していたアスランのようだったので、
実際の映像たちが来ましたら、頑張ってアスキラ変換を……(そこか!)
どこまでこの腐れ脳が動くのか、究極に挑戦(苦笑)

そしてちょっと明るめに、金銀出演万歳!
いや、もうむしろ銀金?(苦笑)
あうー、あちこちでディさんが男前アップしてるとの話なので、どきどき。
ディさんだけだったもんなあ、赤組で唯一見たからに「男」だったの(笑)
後はみんなどこか女に普通に間違えられそうな容貌で。
なので、ディさんは普通に好きな男キャラ。
何故か、種が 終 わ っ て か ら、その良さに気づく。
笹沼さんの声も色気あって好きさ、あれこそまさに男の色気。
イザークさんも、どうやらかなり落ち着いた模様?
あの熱さが引いた、と聞くのですが、色々悟ったんでしょうかねぇ…。
今色々辛いアスランに、ぜひ「渇!」を入れていただきたいのですが(苦笑)

最後に、MS乗ったアスラン。

「アスラン・ザラ、出る!!」

あーーーー!! 帰ってきた、アスランが帰ってきた!(笑)
MS乗ってこそやっぱりアスラン、出撃しなきゃーだよね、うんうん。
でも乗るに至るまで色々いぢめられたようで(^^; 苦労つきない〜…。
活躍して帰ってきたら、皆さんどう接するんでしょうね〜。微妙です。



というわけで、実際見られた方からすれば、色々抜けてるバレ感想。
来週には、やっと一気に3話萌えが追いつくと思われるので、救済部屋、待っててください(笑)

では、これにて〜…。



あぁ、改装、終わらんないよううううー…。
posted by 瑛未 at 21:21| 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

種1・2話きたーーー!

これからゆっくりアスキラ変換行いますが(笑)とりあえずがーっと見て思ったこと。

正直、キラが出てくるのは嬉しいけど、アイキャッチはかなり場違いかと(苦笑)
前作をそんなに知らない人が見たら、こいつら何者、状態だと思うし(^^;
こういう風に出すならとっととキラとラクス出したれや!(素直な気持ち

そして、カガリたん。君、あんな風に名前ばれしたんだね。
あれはちょっと、いやかなりおばか丸出しだぞ。
どんな風に言ってしまうのか結構楽しみに見ていたのだけど、
普通の会話してて言ってしまうのではなく、いきなり「アスラン!」かよ、と。
二人の会話をルナマリが盗み聞いた感じならまだしも、
あれならその場にいた全員に余裕で思いっきり聞こえてたろーよ……。
はぁ……カガリ、頼むよ、あんたオーブの代表だろう。
そりゃさすがに大西洋連邦の圧力かかってそうなシーン見た時は、
カガリも大変だなあって思ったけど……思ったけど!!

はぁ……。
でもね、アスカガ気味シーンは全てアスキラ脳内フィルター搭載で回避したので、
そんなにダメージは食らっておりません(笑)
まぁ、どんな内容なのか前もって知ってるから少し余裕を持って見れたのもあるけども。
もろラブシーンが来ない限り、私は脳内アスキラで通します!(意地

しかし、冒頭のシーンはやはりシンがかなり可哀想でした。
キラ泣きもあれだけど、シン泣きもきたかと思いつつ(苦笑
家族なくしても、健気にプラントでそんなにひねくれずにいるシンに拍手。

あぁそれと、前に見た夢のせいもあって、ステラがフレイにしか見えません(苦笑)
絶対違うのに、どうしよう(^^;
でもネオさんとフラガさんは、余裕で関係ありそうだ。
あのピキーン気味はレイもクルーゼと何か関係ありそうだし。
でもあのレイのピキーン気味は、きっと今までなかったんでしょうね。
そんな感じがします。レイ、初ピキーン。


ではっ、アスキラ版DESTINY作成に、行ってまいります!続きを読む
posted by 瑛未 at 21:48| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

ユメ

ここ数日、DESTINY早く見たいよ病が発病しているせいか、
昨日と、3日前と、種DESなユメを見てしまいました(相当キてる)

3日前のは、テレビで種DESをオンタイムで見ようとしているのですが、
録画がなかなか上手くできずに思い切り焦りつつ本編を見ていたり(苦笑)

夢の本編はもちろん実際の本編からはずっとかけはなれていて、
なぜか、フレイのあの救命ポッドが拾われずにあのまま地球に落下。
大気圏も無事生き延びつつ、でもさすがに記憶がなくなっている模様。
そっから先は記憶があやふや、でもおそらくステラに繋がるんだと勝手に自己完結。

声ネタな種DES夢(苦笑)
これは絶対絶対ありえない、だってフレイもろお星さまになっちゃったし…。


次、昨日の夜の新着種DESドリーム。
文字にし始めると果てしなく話が繋がらなくなってくるのですが、ご容赦。
記憶が正しければ、おそらく2段階あったようで。

その1・なぜか自分がアスランになっていた(笑)
    みんなでどこかに集まっているらしいのだが(みんなが誰かは謎)、
    こそりと薄暗い場所でキラと落ち合い、キラを抱きしめる。
    キラはやわらかかったです、可愛かったです……(って違う!)
    本当は一緒にいたいんだ、みたいなことをほざいていたかと。
    むしろ自分がキラに思い切りなりたかったエピソード。

その2・自分は第3者だったか、どうだったか。カメラモード
    アスランはまたしても誰かと密かにどこかの屋敷で密会。
    誰かは女だったのは確かだけど、種キャラじゃなかったような。
    入ってはいけない場所だったのに、二人は見つかり、
    捕まりかかったところで、女がアスランを突き放し(苦笑)
    アスランだけとっ捕まる(女は屋敷の人?)
    それからアスランの行方が分からなくなり、慌てふためく作戦機関(なんのだ!)
    アスランのデータが消え去り、捜索もできず。
    代わりにアレックス・ディノがデータに現れる(でもアスランじゃなかった)
    そこで何故だかASTRAY連中(と思われる)が出てきて、
    こいつらがアレックスの謎を知っているとかで、アスランの捜索開始。
    そしていきなり話がポップ調(苦笑)

    そして続く……。

    夢の中、やっぱりアスランは出番なくなるなるのかーーー!
    とか叫んでた記憶があるので、おそらくテレビを見てる感覚だったのかな。
    でもその作戦機関センターまではラクスの運転する車に乗せてってもらったような……(さっぱりさっぱり)



しかし、夢って楽しいね。パラレルが一つできそうだよ。
いやーでも、その1はやはしキラになってたかったなー…(もういい)
でもキラ、可愛かったからいっかー…。


そうそう、ここでちょろっと。
今、水面下で「アスキラ前提アス受け同盟」なるものがしっかりと確実に進行中です。
アスキラ好き。でもキラアス以外ならアス受けも好き。
肩身の狭いこの思いを開放する場所&隠れ仲間探しのため、我慢できなくなって始動。
もう少ししたら、サイトでも宣伝します(笑)
「私も実はそうなんだ!」そんな方、いらっしゃいましたら、ぜひ公開した暁にはぜひ来てくださいね!(宣伝宣伝)

ではでは、今日はここまで〜。
posted by 瑛未 at 00:15| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

らくがき

一週間前くらいだろうか、らくがきしていたDESTINYアスラン。
今日、めっさ汚かったのをほんの少しだけクリンアップしてみた(ほんとに少し)
せっかくなのでスキャンしてみたのはいいのだけど、目下フォトショが動いてくれないウチのパソくん、編集も何もできないので、こっそりとこっちに置いてみる。

画像アップできるのって、便利さね。
でも何故フォトショインストできなくなってしまったの…。
再インストしてからやっぱ何か変だよ、パソ…。

ちなみに、↓の "aka"は、"also known as" の略でして、「としても知られる」みたいな意味合いです。

ああしかし、新衣装、描きにくぃいいー。
そのうち慣れてくるんだろうか。
んー、でも軍服のが好きだったな、アスラン…。



種DES アスラン
posted by 瑛未 at 02:59| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

種DESTINY 第2話 バレ読書感想文(笑)

さて、種D第2話の感想漁りも一段落したところで……。

バレの読書感想文。行きます。

一週遅れの方で、まだ何も知りたくない! という方は今すぐ逃げてください(苦笑)










どんな順番で何が起こったのかはいまいち分からないので、順不同です。
何はともあれ、まずは……。

レイさん、仮面にキュピーーンですかっ!?
これはやはりクルーゼと何かあるんですね、君は。
一体何よ? やっぱりクルーゼのクローンなの?
失敗クローンの成功クローンなの?
そしてキュピーーンとされた方の仮面さん。
喋りの軽さも兄貴ということで、これは……兄貴なんですね。
むしろ兄貴じゃなかったら、性格まで一緒の完璧なクローンとか。
子安っち…兄貴っぽくして下さいって言われてるのかな。
早く仮面を取って、兄貴を披露してやってくださいな。

次。アスラン、カガリのボディガードの癖に、アスランのMS操縦でカガリ頭投打。
あー、ちみ、ダメじゃないか、それじゃボディガードじゃないよ?
やはりどこか抜けてるな……。
MS乗るとやはり戦闘モードに入ってしまうのか。
シンに任せてとんずら出来そうだったらしいのに、戦ってしまうとは。
もしや、カガリのことちょっと忘れただろ、お前。
しかし、このシーンについては、スクリーンキャプチャでもろ二人顔近いのを拾ってしまい、「顔近い、近いよ、顔が!」と悶える悶える……。

続けて、カガリ、2話目にしてアスランの本名ばらしてしまう事実。
カガリーーーーー!! 頼みまっせ、君。
いくら頭痛くったってさ、ここはプラントよ、プラント。
アスランがせっかく偽名名乗ったばかりだというのに!
もう少し偽名で引っ張るかと思ったら、2話でお終いだったようで。
この偽名複線はこれで終わりなんでしょうかねぇ?
変だとピキーンと来たルナマリアにアスランに興味持たせるくらいで。
アレックス、結構気に入ってたのにな、この名前。

またまた戻りますが、レイさん。
何やらシンにだけは執着を持っている様子。
某人によると、他のザフト兵には愛想悪いのに、戦闘中はやたらシンの名前を連呼してたと。
種2の「アスラン」決定?
キラ馬鹿アスランならぬ、シン馬鹿レイ?
しかも同室らしいこの二人、種2キャラCPは、うん、自分的にレイシンだな…。

最後にシンくん、なかなか良さげなキャラなのですが、主人公っぽくないらしい(苦笑)
というか、主人公っぽく目立てていないという……。
可哀想だな、一応主人公って言われてるのに。
もしや、もしや種Dは、主人公です、と言われてるシンが二の次になってしまったりするのかっ?
種1でアスランが「もう一人の主人公」からただのライバルに格下げになってしまったように…?(夢見がちです)
アスラン、このまま活躍してくれ…色気振りまいてくれ…!(は?)
ザフトの面々をとりこにしてくれ……!(だから違)
そして出番を勝ち取るんだ!

なにはともあれ、キラが帰ってくるまで頑張れ、アスラン!



はぁ…しかし、動いてるアスラン見たいよう!
これはもう、某人に送ってくれと頼むしかないだろうか…。
きっとね、第1話と第2話が見れれば、とりあえず落ち着くと思うんだよ。
くぅうう、なんでこんないい時に海の向こう!

見れたら、またアスラン語りしてやる、してやるんだから…。
あぁ、見たい……(し・つ・こ・い)
posted by 瑛未 at 03:03| Comment(0) | 種はじけ妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。